15歳の少年、家族の犯罪の証拠をニンテンドーDSiのカメラで撮影

【記事の内容】
ニンテンドーDSiのカメラで犯罪の証拠を撮影した少年のニュースが海外で報道されています。
この事件は、グアムに住む15歳の少年が、家族が犯した窃盗について学校の教師に相談したことから発覚しました。事件の報告書によると、この少年の母親と19歳の兄は他人の家に侵入し、クレジットカードや電気製品を盗んだとされています。少年と妹もその現場に連れていかれており、犯罪の一部始終を目撃しました。
母親は、「この事を誰かに話したらお前を殺す」と少年を脅しましたが、その言葉に怯えた彼は侵入した家から盗んできたパスポートやクレジットカードなどを手に学校の教師に相談。少年は他にも、ニンテンドーDSiのカメラを使用し、ノートPCやTVなど、自宅に置いてあるその他の盗品を撮影していました。
相談を受けた教師は、少年の話やこれらの証拠を元に地元警察に通報。その後母親と兄は逮捕されたとニュースでは報じています。
ニンテンドーDSiが重要な役割を担ったこの事件、もしカメラ機能が搭載されていなかったら解決してなかったかもしれません。

むちゃくちゃやなw

「この事を誰かに話したらお前を殺す」って…じゃあその場に連れて行くなよw

親よりも子供の方がまともだ。

親を通報しなければならない時代になってしまったとは、どの国にも同じことが言えちゃうけど世も末だね。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中