PXC021~053の概要

2002年5月 【PXC021】
足のミサイルを弾道型ミサイルに改良し、2km先の音でも感知できるようにした。その結果、プログラムの誤作動が多発。1時間に1回はミサイルを発射するようになってしまう。ミサイルの着弾地点は必ず老人ホームを指していた。

2002年10月 【PXC022】
2km先の音を感知する機能を停止。また追撃ミサイルを搭載するとともに自己抑制プログラムを追加した。また、この頃からようやくお年寄りを思いやるようになる。この背景にはプログラムを更新した後老人ホームで働いていたが、105件続けて火事になったからである。火事の原因は鉄人の寝タバコの不始末。

2002年11月 【PXC023】
当時人類最強と言われたヒョードルと会談。その際、腕相撲勝負を行いゴングと同時に勝ってしまう荒技を披露。インタビューでは「勝負をやる前からすでに勝敗は決まっていたさw」と述べた。PXC023は当初予定していた自己抑制プログラムの改良版を急きょ中止に。ボディの強度を上げるだけというお粗末なプログラムとなってしまった。

2003年4月 【PXC024】
左手を改造。触れるモノの水分をすべて吸い取るようになる。その為左手には普段は専用の手袋を施していた。エネルギー源をオレンジジュースに変更。パワーは弱くなるものの、凶暴性を減少させることに成功した。

2003年9月 【PXC025】
初心に帰るため、常に笑顔プログラムを搭載。どんな状況でもずっと笑っていた。しかし、周りから「気味が悪い」「目の焦点が合ってないのでは」と非難が殺到した。またファミコンで新ソフト「鉄人とどこでもいっしょ」を開発。PSで「どこでもいっしょ」シリーズが大ヒットした為、鉄人版で販売。しかし消費者から「あんなものと一緒にいては寿命が50年は縮む」「何をされるかわからない」「夜中に突然「おい!寝てんのか?」とファミコンがついてないにも関わらず言われたような気がしてノイローゼになった」とクレーム。発売4か月で中止。売上本数は3本。

2004年1月 【PXC026】
笑顔プログラムの搭載を中止。無表情プログラムを搭載した。その結果、どんな状況でも無表情な為心がないように周りは感じ陰で「コジキ」とあだ名をつけられる。また無表情で戦争地に行き敵味方関係なく虐殺することから「漆黒の殺戮マシン」「世界のリーサルウェポン」「史上最悪の人間兵器」という名前で世界に知れ渡るようになる。NYタイムズは特集で鉄人を紹介。「なぜ彼は筋斗雲に乗れるのか?心が汚いはずでは?!」と題して約500Pもの文庫本を発売した。

2004年12月 【PXC027】
無表情計画を中止。表情のプログラムをお任せにした結果、喜怒哀楽がうまく出せるようになる。弾道ミサイルと誘導ミサイルを合成させた。新弾道ミサイルを搭載。その結果飛行機やヘリを次々と墜落させた。さらに磁力を改良。広範囲の車や電車・飛行機などを思いのままに操ることができるようになった。

2005年3月 【PXC028】
自分の力に過信してしまい、徐々に暴走し始めるようになる。事態を重く受け止めた政府は緊急法案として全てのデータを削除するよう指示。拒否した「ヒロシ博士」は助手へと移動。変わりに「奥崎博士」が就任する。また講師として「芝山博士」を招き入れる。次回のプログラムで全データ抹消を決定。その代わり、現時点までのバックアップの許可を承諾してもらいデータを保存する。

2005年6月 【PXC029】
データを抹消。その際暴れてしまい地震や竜巻を幾度となく発生させるその結果、巨大竜巻カトリーナを発生させ被害を与えてしまう。

2009年2月 【PXC030】
四年の時を経てプログラムを複製させる。暴走しないよう鉄人自身に契約書を書かせ承諾する。

2009年7月 【PXC031】
モバゲーのゲームを開発できるプログラムをインプットさせアプリを提供し始める。第一弾として「およげ鉄人君!」を配信。鉄人君を工場で900分の間に何体増産できるかというアプリ。最低8000体クリアしなければランキングに表示されることはない。第二段のアプリとして「鉄人カート」を配信。アイテムをぶつけて警察から逃げ切ると言うアプリだが警察に捕まりそうになると携帯が爆発する機能があることが判明。配信停止となる。

2009年8月 【PXC032】
目からレーザーが出るようになる。

2009年9月 【PXC033】
歯をすべてプラスチック爆弾に入れ替える。鼻は時限爆弾。髪の毛の一本一本はマシンガンとなっており、まさに人間兵器として行動していた。

2009年10月 【PXC034】
右足と右腕、左足と左腕が歩くとき同時になる動きを修正。

2009年11月 【PXC035】
北朝鮮ミサイル「ノドン」を開発する

2009年12月 【PXC036】
魚雷を搭載。父でもある「孫悟飯」さんに間違って誤爆する。水中を泳ぐスピードは「魚人」の次に早いと言われている。100m10秒3で泳ぐことが可能。

2010年1月 【PXC037】
アグネスチャンと久々の再開するので広東語を再びプログラム。未だにうまくならない日本語にブチ切れる。アグネスを東京タワーで宙づりにする。

2010年2月 【PXC038】
エネルギー源を灯油に変更する

2010年3月 【PXC039】
エネルギー源を軽油に変えた事によりパワー・スピードが大幅アップする。しかし、自己抑制システムが作動していた為、過去のような暴走は防ぐ事に成功。ただ通りすがりの通行人にエルボーやバックドロップを行うなど危険性に関しては油断できなかった。

2010年5月 【PXC040】
総理大臣の護衛にあたるものの地上最強を目指して職務放棄。その姿に国民は共感し話題となる。その話題に便乗して「世界にひとつだけのワイ」を発売。歌は580分となりギネスに申請された。

2010年6月 【PXC041】
オバマの肌を白くしようとしてホワイトシチューにぶち込む。ホワイトハウスは一時騒然となり戦闘機が出動し攻撃を受ける。ボディは無傷だったもののミサイル機能が意図したときに発射できないという不良が起きていた為改良。また、サンコンの目が欲しいと言うことでサンコンの目を捕る。

2010年10月 【PXC042】
声の音階の幅を広げる。着ボイスも配信するようになった。第一弾として「ワイやで!組長やで!知らんやつは死んでまえ!」を配信。話題となり第二弾を期待する声が高まった。第二弾は「ワレどこでう○こしとんねん!」「ワレどこでう○こ食べとんねん!」を配信。しかし、NPOからクレームが入ったため「う○こ⇒う○ち」に変更。また抽選で150名の方にミサイルを発射。死と隣り合わせの着ボイスとなった。

2011年1月 【PXC043】
C言語と出会い運命を感じる。自ら頭にauの充電器を挿し充電し、徹夜でC言語をマスターしようとする。その結果、PXCシリーズで唯一自らがプログラムの書き換えを行った。書き換え内容としては「六法全書」の記載を全部暗記。お年寄りの前歯を5秒ですべて抜く術をマスター。

2011年2月 【PXC044】
PS3GAMEソフトを鼻から入れることでプレイできるようになった。音声は耳から映像は口の中から確認することができる。それと同時に自らのPS3ソフト「わいがお前をどついたる」発売。推理ものであり苦手な人でも遊べるシンプルな作りとなっている。またおまけ要素として九九算勝負もできるなど鉄人マニアには伝説のGAMEとなった。総売上は680円

2011年5月 【PXC045】
魚雷探知機機能を搭載。後頭部に映し出されるので、本人が確認することが出来なかった。その為、移動する際は必ず鏡を二つ持ち歩くようになった。またトラックを片手で持ち上げるパワーを搭載。コンクリートを小指で捲ることができるようになる。

2011年6月 【PXC046】
iphoneを鉄人とリンクさせることで頭の中で考えた文章をメールを打つことができる。ただし、必ず白眼になり下を出し右手で首切りポーズをしなければならない。渋谷でそのポーズを行った際、喧嘩を売られたと勘違いした若者は一斉に鉄人に飛び掛かったがものの5秒で瞬殺された

2011年9月 【PXC047】
エネルギー源をご飯に変更する。箸を足で持つことをやめさせる。また食事中に必ず目からレーザーを出す行為を止め常に放射能を出すように改良。その結果、半径5kmに生息している生き物は放射線を常に浴び続けているという状態になってしまいガンが発症してしまう。

2011年11月 【PXC048】
ワイと言う言葉を禁止にし「僕」という一人称に変更させる。しかし、「キチガイ」と呼ばれる人物がプログラムを改ざん。天皇や総理大臣、アメリカ大統領を脅迫し密約を更新させる。またFBIやCIAの出動も検討されていたようだが、既に本社を爆撃され破壊されていたことが判明。

2012年1月 【PXC049】
手の中にiphone4sの充電器を搭載する。右足でFAX・左足でコピーができるようになる。

2012年4月 【PXC050】
facebookやtwitterの情報を頭でリンクさせることに成功。相手が見たい情報を口の中に表示させることができる。

2012年8月 【PXC051】
youtubeなどの動画を口の中で再生できるようになるが口の中なので誰も見ることができない。またニコニコ動画のコメントを自分に言ってるものと勘違い。IPを割り出し対象地域に核兵器を落とすこともあった。

2012年12月 【PXC052】
Wi-fiのアンテナとして機能するようになる。受信できない場合屋内の屋根を壊して受信しようとする。またLANケーブルを見ると興奮してしまい目からレーザーを発射してしまうこともあった。最近暴走傾向が大きくなっているためPXC053ではさらなる大幅な改良を施すのではと予想されている。

2013年予定 【PXC053】
手の中に仕込んでいるiphone4sの充電器をiphone5用に変更する。

TV放送権:【コジMAX】
責任者:奥崎康翔博士
村田実教授
石橋広大助教授
世界のプロフェッサー:キチガイ

今回重要な機密文書を入手し公表いたしました。このプログラム開発の裏には様々な裏話や奇跡が隠されているようなので関係者のインタビューなどを随時配信予定。
今後我々は引き続き「鉄人」を追っていくとともに動向に密着していく予定です。

コメント
  1. わい より:

    PXCシリーズ好きやわー(´^ω^`)
    ほんまおもろい!

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中