人への【指導】

ワシ による ワシ への投稿 (ワシ)

今から書く事はキチガイ君が今の職場のある人を見て思うことです。

後輩を持つ状況って色々あるものです。学校・職場・クラブなどなど。
共通して言えることは影響力がなければそこに関係性は存在しないということw
それと上のものは下の者を見切ってはいけないということ。

なぜなら見切ることは誰でも出来ます。
自分が口で言ってそいつができなかった時他の人が教えたら出来るなんてことありませんか?
それは結局自分の「教える」という引き出しにその人に「合った」ツールがなかっただけ。
もし簡単に見切っていればそのツールは一生手に入れることはできませんしそのツールには気付けないでしょう。
でも、根気強くいろんな方法を試していけば自分自身勉強になることは多々あるのではないでしょうか?

ワシ自身、仕事内容で怒るという事はホントに少ない。
というのもそもそも全員が年上なので「注意されるお前らはクズやなw」と内心思っています。
でも注意する場所やその状況内容によって使い分けないと「相手」は逆に不満を持ってしまうことになる。
それだと指導をしたのではなく「考えの押し売り」なんですね。
たとえ内心で思ってたとしてもそれを出すのは失格。

仕事において本来注意されたら聞くのが当たり前だと誰もが思います。
でも「当たり前」という概念でとらえるとぶつかり合う事は多々あります。
注意されてモチベーションが下がるやつもおれば上がるやつもおる。
本来、仕事でモチベーションに左右されている、さらに付け加えるならモチベーションなどという言葉を述べている時点でお前は半人前だと常々言ってます。
さらにその仕事を任されているor働いているという事はそのプロにならなければいけません。
お金をもらうというメリットがあるにも関わらずそれでも仕事が気に食わなければ辞めればいいだけの話。

注意される側を自分と同じ目線で考えるとどんどん溝は深まっていくばかりです。
それが「当たり前」の概念でとらえてはならないということ。
キチガイ君は歳が上の癖に出来ない屑どもを見るとイライラしてましたw(なんでお前はこんな事も分からないんだと)
でもそれって言いかえればワシが自分の秤でしかものを見てないからそう思ってしまうんです。
「なんでお前はその程度も分からんのじゃ!」となるのではなく「じゃあどうやればできるのか」などといった視点を変えてやることが大切だと思います。
自分のコピーを作るのが間違い。自分のコピーじゃなくて自分のオリジナルをいかに覚えさせるかが大切。

だから部下・後輩を持つ者は上が見切ってはいけない。
投げ出すことは簡単だからね。

物事を一回で覚えるという事はメモを取ってもなかなか難しいことでしょう。
いわばそうしたプレッシャーや環境がその人の能力を出させてあげれない要因になっているのかもしれません。
ワシもはじめは「自分視点」だったけども一番尊敬できる上司から「今それを修正できれば必ず武器になるから」と言われそれから考えを変えてみました。
教える人でも失敗はするし完璧になんでもこなせる人間ってこの世に絶対いないんです。
それでも完璧を求めたがるから人間は努力をするしその壁を一つ一つクリアしていこうとする。。。
ある年上の人に言ってあげたい。「そこまで完璧を求めるなら貴方とワシ、どちらが完璧ですか?」ってwwww

100%ワシやけどな!!!!!!!
これからその年上の人がどういう指導をこれからするのか分からんけども…
それでも他人の指導法を学ぶのも勉強。
【一日生きていれば何か面白いことがあるように何か学ぶことがある。それが「進歩する」ための近道 Byわし】

ちょっと硬い文章になったので後で健康診断のブログでも書きますww
ほな!!

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中