ワシ による ワシ への投稿 (ワシ)

一昨日一番可愛がっていた猫ら二匹が亡くなりました。
一匹は俺が名前を付けた猫、もう一匹は常に俺になついていた猫。
どちらにも深い思い出がありますが、特に後者は猫と人間の域を超えてたのかな?

よく盲導犬が飼い主が落ち込んでる時に寄り添うことがあるとか聞きます。
その猫はくそ厚かましいやつでね。。。帰って自分の部屋に行くとなぜか布団の上にそいつが寝てたり…
「お前の部屋かコラ!!」とどついて部屋から追い出すものの構って欲しいのかスグにひょこっと部屋に戻ってきたり。
ウチのオカンや弟が怒っても全く懲りないけどオレが「コラ!」と言うと2~3日は凹んで飯も食べない。
俺が忙しくて会社に何週間も泊まってた時もロクに飯も食べなかったけど俺が帰ったら食べる。。。
ある意味…猫と人間の域を超えていたのかなぁ。。。
「親友」というか「パートナー」というかw

と思えば実家にほぼ毎日5~15分くらい帰っても全く俺の事を覚えてなかったりw
でも最後の方は思い出してたのかなぁ。。。
普段よう「泣いてるw」などと世間の目を良くして冗談を言ってますけどその猫との思い出を思い出そうとするとね…
ちょっと涙が出てきます。

悲しいという感情はないです。いつか生き物は亡くなると思ってますからね。
人間よりも猫の方が早く亡くなりいつかこの日が来るとは思ってました。
しいて言うなら…「後悔」の方が強いのかなぁ。
もっと遊んであげたらよかったとかね。。。
だから思い出を振り返れば涙は出るけどその事実には涙は出ない。

でも今回改めて学んだのは「命」の終わりっていつか分からない。
今回だって突然倒れてぽっくりと亡くなる。。。
相手の命も自分の命も終わりはいつか来る。
それが今日なのか…明日なのか…1年後なのか…10年後なのか分からないけども…
今を楽しまなければ損だし、迷ったら即行動すべき。。。

命ある限り死が最大のテーマになるんだと改めて思いました。
ほーなー。。。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中