「山下」カテゴリーのアーカイブ

せつなすぎる

こじき による 山下 への投稿 (山下)
タグ:

冬は寒いから嫌い。
せやけど冬の歌は好き。

うちのおとんもよく儲けよるしなww(あ、おかんもやwww)

今日はドリカムの冬の曲を2曲ばかし紹介。
ドリカムの冬の失恋ソングはせつなすぎる。

ほんまにせつない。

1曲目「もしも雪なら」

大人の恋はせつない。
好きやけど、叶わぬ恋。
「もしも雪なら」
この意味は最後まで聞くと分かります。

2曲目「ラヴレター」

好きという気持ちを伝えられずにはいられない。
あなたを見るだけで苦しい。
でも言ったあとのほうが実は苦しい思いが待ってた。
この気持ちどうしたらいい?

せつなすぎる。。。

冬はやっぱりバラードに限る。

広告

書く努力

こじき による 山下 への投稿 (山下)

こないだの会合で、「組長の文章のまとめる力がすごい」って言ったら、これは慣れやからとおっしゃってた。

ということで僕も書いてみよう。
書く努力をしないとうまくなるもんもならんよね。

と、言うことで何を書こう。
まず書くに当たってタイトルを決めないといかん。

んーーーーーーーーー

「しね、おしい。」

却下。

「くたばれ、魚人。」

あーー却下却下!!

悪口した出てこん…
わての頭も腐ったもんや。

「人生とは」

重い。。。

人は傷ついたり傷つけあいながら、、。。。。(ry

「あしたてんきになあれ」

天気予報見ろって話か、。。

あーー思い浮かばん。

いや、待てよ?
キチガイくんが言ってた。
「話は広げ方次第や」

じゃあ書いてみよう。
「あしたてんきになあれ」

世界の天気は各地によって違います。
いま、世界ではみなさん何をしているのでしょう。

「ブラジルのみなさーーーーん」

どうせカーニバルかサッカーでもしとるんやろwwwwwww

はい、終わり。

組長が言ってた。
あまり長くなると読む方も疲れるから、10分で書ける量にするって。

ぼくも10分ぐらい書いたので、
閉店ガラガラ。

ひどい笑

梨汁ブシャー

こじき による 山下 への投稿 (山下)

色々書こうと思ったけど
結局、うまい言葉が出てこないから、
歌に頼ろう。

なんかテンションあがらん。
疲れてんのかな。。。

あんまり疲れてるとかこういうところで言いたくない。
人に心配かけるからね。

それに、人と比べると、
みんな自分よりもっと頑張ってるしね。

へこたれてる場合じゃない。
明るい自分でいなくちゃ。


今日の一曲
トータス松本「涙をとどけて」

やっぱりこの曲が好き。

こじき による 山下 への投稿 (山下)

「やっぱりこの曲が好き。」

聞きすぎて飽きた曲でも、
ちょっと時間をおいて聞いてみるとまたそう感じる。

違う人がカバーしてたりするとまたそう感じる。

名曲はいつまでたっても色褪せない。

ここ最近、洋楽が多かったので、
今日は昭和の名曲を。

「日本人でよかった。」と思う曲が、
自分の中で何曲かありますが、これもその中の一曲。

———————————-
「木綿のハンカチーフ」 – 太田裕美
作詞:松本隆
作曲:筒美京平

恋人よ ぼくは旅立つ
東へと向かう列車で
はなやいだ街で 君への贈りもの
探す 探すつもりだ
いいえ あなた 私は
欲しいものはないのよ
ただ都会の絵の具に
染まらないで帰って
染まらないで帰って

恋人よ 半年が過ぎ
逢えないが泣かないでくれ
都会で流行の 指輪を送るよ
君に 君に似合うはずだ
いいえ 星のダイヤも
海に眠る真珠も
きっとあなたのキスほど
きらめくはずないもの
きらめくはずないもの

恋人よ いまも素顔で
くち紅もつけないままか
見間違うような スーツ着たぼくの
写真 写真を見てくれ
いいえ 草にねころぶ
あなたが好きだったの
でも 木枯らしのビル街
からだに気をつけてね
からだに気をつけてね

恋人よ 君を忘れて
変わってくぼくを許して
毎日愉快に 過ごす街角
ぼくは ぼくは帰れない
あなた 最後のわがまま
贈りものをねだるわ
ねえ 涙拭く木綿の
ハンカチーフください
ハンカチーフください

———————————-

ほんまに名曲やと思いますね。
作詞の松本隆と作曲の筒美京平は天才やわ。
昔はこうやって名作詞家と名作曲家の手によって
曲が世に送り出されてたんやと思うと
昭和はほんまにすごい時代やわ。

松本隆がこの詞を「この詞には曲をつけられないだろう」という思いで、
筒美京平に持っていったところ、
筒美氏が「こんな長い詞で曲が作れるか」とつき返そうとしたらしいが、
作っていくうちに良いメロディーが浮かんできて
最終的にはこの名曲になったとか。

名曲には天才同士の逸話もつきもの。

この太田裕美の「木綿のハンカチーフ」は、
元々アルバムの中の一曲で、そこからシングルカットされた。

木綿のハンカチーフのアルバムバージョンでは、アレンジが少し違うのと
一部歌詞が少し違うの知ってました??

木綿のハンカチーフ(アルバムバージョン)

3番の歌詞の
「恋人よ 今も素顔で」のところが、
アルバムバージョンでは、
「恋人よ 君は素顔で」になってます。

あなたはどっちのバージョンがお好き?

しかし、今どき4番まである歌ってなかなかないよね。

歌詞のストーリーのように、
当時は、田舎から東京へ上京する人は
こういう心情抱いてたんかなーなんて考えたりします。

それだけ昔は東京に対する憧れが強かったんかもしれませんね。
そして実際東京というところはやはり「華やいだ街」やったんでしょう。

木綿のハンカチーフは、
様々なアーティストにカバーされてます。

こないだ紹介した「A song for you」も
海外では色んなアーティストがカバーした一曲ですが、

この「木綿のハンカチーフ」は日本で数多くのカバーがされてます。

それだけこの歌がたくさんの人に愛されてる証拠ですね。

そんな色んなカバーをここで紹介。
まずは、、

スピッツ

キチガイくんの嫌いなスピッツwwwwwwwww
コジキ的にもこれはちょっと微妙w (悪くはないけどねー)

次は、
椎名林檎

やりすぎwwwwwwww
さすが林檎姉さんwww

東へーとー向かーうルェッシャーでーwww
鉄人も驚愕の巻き舌やなww

原曲破壊もええとこやな。

お次は、
いきものがかり

やっぱりこの原曲に忠実なアレンジがいい!!

いきものがかりは好きやけど、
吉岡聖恵のボーカルの質はここ最近の方が確実にレベル上がってる。

もう一回、歌い直して欲しいなー。というところ。

お次は、
ASKA

「かーいぇーって~」
ASKAってなんかものまねしたくなるんよねーwwwwwww

お次は、
桑田佳祐

女性の向けてのメッセージソングってところで
桑田さんの声が合ってるよね。
アレンジが完全にサザンwww ここもすごいところww

完全に自分のものにできるアーティストこそ、
ほんまにすごいアーティストなんやと思うね。

これ桑田さんが歌ってる動画が昔アップされてたように思ってんけど、
今はないみたい。。。
桑田さんの「ひとり紅白」でも歌ってたかな?

お次は、
チェリッシュ

「てんとう虫のサンバ」でお馴染みのチェリッシュ。

本家のバージョンとよく似てるけれども、
これもこれで味がありますねー。

太田裕美よりも大人な感じがするね。

お次は、
THE真心ブラザーズ

「いいえ」のとこからの
ジャッジャッジャッっていうロックな感じがいいね。

最後は、僕の大好きな
キンモクセイ!!

3番の「いいえ」のところから
なんと!太田裕美も登場!!!

キンモクセイが太田裕美に楽曲提供したことがあって、
それのお礼に参加してくれたらしいです。

アレンジも原曲に忠実。
やっぱり、この曲はこのテンポがいいんやろうなと
つくづく思います。

なんかまとめブログみたいになってしまいましたが、
やっぱり名曲はみんなに愛されてこそ名曲なのですねー。

キチガイくんと鉄人くんにも歌ってもらおっと!笑

 

「やっぱりこの曲が好き。」
これもコーナー化決定やなwwww(←フラグww

A song for you

こじき による 山下 への投稿 (山下)
タグ:

ここ数年好きな歌が何曲かある。

基本的に「あ、いいな」と思った瞬間から
その曲ばっかり聞くから飽きるのも割りと早い。
(飽きても好きは好きやけど)

ハマってる期間は平均して半年ぐらいかな。

せやけど、この曲はかれこれもう2年以上ハマってる。

「A song for you」

2年前、作業しながらBGMとしてCarpentersを聞いてた。

昔からCarpentersは好きやったけど、
当時はほんの数曲しか知らんかった。

これを機にちょっと他の曲も覚えようかなーと思って、
YoutubeでCarpentersのプレイリストを聞き流してた。

相変わらずカレンの歌声はきれいで、すっと耳に入ってきた。

そんな中、耳に止まった一曲がこれ。
「A song for you」

何故か頭に残って離れない。
そうして何回か聞いていくうちにこの曲の深さにハマっていった。

Carpenters – A song for you

作詞・作曲:Leon Russell

元々はレオン・ラッセルという人の歌で、
Carpentersがカバーした作品らしい。

そうと聞けば、
本家を聞きたくなるのです!

Leon Russell – A song for you

クセありすぎwwwwwwwwwwww
最初聞いたときはワロタわwww

せやけど渋い。。

さらに調べてみると、とてつもなく色んな人が
この曲をカバーしてる。
(Youtubeで「A song for you」で検索すると色々出てきます。)

それだけ皆が愛した名曲なんでしょう。

このインストゥルメンタルも秀逸でオススメ。

この演奏のおかげでマイブームが長続きしたといっても過言ではありません。

一度聞いてみてください。

 

皆さんは誰に捧げますか?

「A song for you」

I’ve been so many places in my life and time
(今までいろんな場所へ行った)
I’ve sung a lot of songs I’ve made some bad rhyme
(いろんな歌を歌ったし、時にはくだらない歌も作った)
I’ve acted out my love in stages
(ステージでは”愛”を表現して)
With ten thousand people watching
(何万もの人に見てもらった)
But we’re alone now and I’m singing this song for you
(だけど今は君と二人、君のためにこの歌を歌ってる)

I know your image of me is what I hope to be
(君の中の僕はカンペキだって知っていた)
I’ve treated you unkindly but darling can’t you see
(君には冷たくしたけれど、どうか分かってほしい)
There’s no one more important to me
(君より大切なものなんて何もない)
Darling can’t you please see through me
(どうか本当の僕を見抜いて欲しい)
Cause we’re alone now and I’m singing this song for you
(なぜなら今は君と二人、君のためにこの歌を歌ってるいるから)

You taught me precious secrets of the truth withholding nothing
(君は本当のことを僕に隠さず教えてくれた)
You came out in front and I was hiding
(君は自分をさらけ出したのに、僕は隠したままだった)
But now I’m so much better and if my words don’t come together
(だけど今なら正直になれる、言葉ではうまく伝えられないから)
Listen to the melody cause my love is in there hiding
(この歌を聴いてほしい、そこに僕の愛が隠れているから…)

I love you in place where there’s no space or time
(君を愛している、時空を超えて)
I love you for in my life you are a friend of mine
(君を愛している、君は僕の一生の友だち)
And when my life is over remember when we were together
(僕の人生が終わるとき、僕達が一緒だったことを思い出して)
We were alone and I was singing this song for you
(僕達二人きりで、君にこの歌を歌ったことを)

感謝

こじき による 山下 への投稿 (山下)
タグ:

 

コジコジコジ

 

今日もダンボール拾ってるコジキです。
(あ、空き缶!!!)

 

昨日はちょっとネガティブなブログを書いてしまってすいませんでしたm(__)m
色々ご心配おかけしました。

 

皆さんの暖かいコメントとっても嬉しかったです。

 

 

 

僕は本当に恵まれているなと改めて思いました。
みんなありがとう。

 

 

 


今日の一曲。 Bank Band 「糸」

 

中島みゆきの名曲。

 

今回はBank Bandのをセレクト。
やっぱりミスチル桜井さんはすごいな。

 

ひとり

こじき による 山下 への投稿 (山下)
タグ:

ひとりになると思考があかん方向にばっかり走る。

最近はひとりでどっか行くことが多い。

ひとりは好き。

本当に自分の行きたいところにはひとりで行きたい。

誰にも邪魔されることなくひとりを満喫できるから。

自分のペースで自分の気の向くまま出歩けるから。

 

でもひとりはきらい。

あとで虚しくなるから。

途中で目的を見失うから。

本当は誰かと行きたい気持ちがあるから。

 

 

 

キチガイおじさんと鉄人おじさんには、
コジキおにいさんは最近「弱ってる」なんて言われますけど、、、

あんまり自分では弱ったとは思わない。
ってかそう思ったら負けな気がしてる。

ただ、ここ数年あんまり自分が成長していないことは実感してる。
その辺が弱ってんのかもな。

この歳になったら、自分が成長してても
実感はなかなかでけへんねんやろうな。

 

鉄人おじさんやキチガイおじさんはすごいと思うわ。

いつ会っても前会ったときよりもレベルアップしてるから。

その点コジキおにいさんは、前あった時よりもどんどんレベル下がってんだろうな。
だから「昔のほうが面白かった。」なんて言われんやな。。。

 

対人関係どんどん臆病になっていってる。

あの頃みたいに純粋に楽しむって気持ちどっかいってしもてる。

人と遊んだあとは、楽しかったことを思い出すよりも、
反省ばっかりしてる。

反省はあかんことやないと思うけど、
確実に得たプラスよりも、ありもしないようなマイナスばっかり考えて
ひとりでネガティブになってる。。

で、どうせマイナスに落ちるんやったら
ひとりで行けばいいという思考になって無限ループ突入。

While(True){
ひとり;
}

ひとりになると思考があかん方向にばっかり走る。

 

何もかも忘れるために、
ひとりで今日もどこか行こう。

 

 

 

今日の一曲。

空気公団 「元気ですさよなら」